【2020年版】古物商許可に必要な書類一覧と申請方法

みなさん、こんにちは!
行政書士見習いのめーこです。
今日は古物商の許可申請を自分で行う方法を解説していきます!

めーこ
めーこ

悩める人
悩める人

よく聞くけど古物商ってそもそも何?

古物商許可申請に必要な書類は?
どこに申請すればいいの?
自分でもできるの?

こういった疑問に答えます!


 本記事のテーマ:古物商許可に必要な書類一覧と申請方法【2020年最新版】

古物商の許可申請は、個人で申請する場合と法人で申請する場合とでは必要な添付書類が異なりますので、注意が必要です。


今回は、中学生でも分かるくらい分かりやすく解説していますので、古物商を取りたいと思っている方の参考に少しでもなれば幸いです!

私も最初は苦労しましたが、この記事を見ながら是非チャレンジしてみてください!

3分くらいで読めます。



古物商とは?

古物商(こぶつしょう)は、古物営業法に規定される古物を、業として売買または交換する業者・個人のことです。

めーこ
めーこ

家具のリサイクルショップや古本屋さん、古着屋さんなどが該当しますね!

要するに、中古の商品の取引を仕事にする場合に必要になる許可のことを指します!

また、街のリサイクルショップの経営を始める場合にはもちろん必要なの許可なのですが、最近では「せどり」と呼ばれる副業にも必要になると注目されています。

本のせどりをする人

そんなせどりですが、古物商が必要になる場合もあります。知らなかった方は要注意です!

せどりについてはこちらの記事をどうぞ。(今後記事作成予定です。)


古物商の許可には勉強は必要?

古物商を習得するには、難しい勉強をしたり試験に合格しないといけないということはありません。

「許可」ですので、あくまで中古品(新品でも個人から買い取る場合は古物商許可が必要です)を売買することの「許可を受ける」ことになります。

資格ではないので講習なども特になく、下記の書類を提出する申請のみで大丈夫です!

詳しく見ていきましょう!


古物商許可を申請する場合の必要書類一覧

今回は、個人で古物商許可を取得する場合の必要書類について解説していきます。

最初に確認しておくべき点は、古物商許可の申請窓口である警察署(公安委員会)は地域により必要書類や手続きの流れが若干異なるケースがあることです!

ご自身で許可申請をする際には、二度手間を防ぐためにも、念のため申請する最寄りの警察署へ必要書類を問い合わせておくことをおすすめします!

めーこ
めーこ

今回は私めーこが実際に愛知県で申請してみた経験から記事を書いています!
地域ごとの詳細は、直接最寄りの警察署へお尋ねくださいね♪

個人の場合:古物商許可申請の必要書類一覧

①古物商許可申請書一式
②誓約書
③略歴書
④住民票の写し
⑤身分証明書
⑥URLの使用権原疎明資料(HPで古物を販売する場合のみ)
⑦営業所の賃貸借契約書コピー(賃貸の場合のみ)

一つづつ見ていきましょう。


①古物商許可申請書

まず初めに、古物商許可申請書を作成します。

古物商許可申請書は定められたフォーマットを使って申請します。

例えば、愛知県はこちらのフォーマットをダウンロードして利用します。

古物商の許可申請書は警察署で無料でもらうことができます。

または、申請する都道府県のホームページからダウンロードも可能です。

ワードファイルを使って記入するのも一つの方法です。

めーこ
めーこ

私はワードのファイルをダウンロードして、パソコン上で記入しました!
書き直しや再提出の場合に楽チンになりますよ。

記入例を見てみましょう。

①-1、タイトルの【古物商】を丸で囲む


申請書の一番上部には古物商と古物市場主という文字が並んでいますが、今回は古物の取引をするための申請のため『古物商』のほうに〇をつけます。

①-2、許可の種類

許可の種類も同様に『古物商』に丸をつけます。

①-3、個人、法人の区分に◯をつける

会社を作っていない方は、個人に◯でOKです。

①-4、主として取り扱う予定のものに◯をつける。

次のページで取り扱う全ての商品を記入しますので、主に取引するものを一つだけ選びます。

</br>

②-1、営業所の有無

営業所の有無は、個人でされる場合はそのまま自宅を営業所とすることも可能です。

その場合は屋号が必要になります。

営業所がなくても特にデメリットはありませんので、営業所なしを選んでも大丈夫です。

屋号もカンタンに付けました。

古物商におすすめの店名

「リサイクルショップ××」

「〇〇アンテイークス」

「△△骨董品店」


②-2、取り扱う商品区分に丸をつける

取り扱う予定の商品にすべて◯をつけます。

②-3、管理者

個人の場合は同じ内容で自分を記入しておきましょう。


③インターネット上のホームページの利用の有無

ホームページを利用して取引をする場合は、URLを記入します。

大文字になる文字を大きく書き、小文字になる文字は小さく置いてあります。

自分のホームページを待たずに、メルカリやヤフオクなどを中心に営業をする場合は記入する必要はありません!

私も記入なしで登録しました。

②誓約書(個人営業者用)

次に誓約書を記入します。

誓約書とは、

・破産開始の手続きを受けていないこと

・刑法に違反した過去がないこと

・暴力団関係者でないこと、など

古物商を営業するに値する人間であることを誓います!という書類です。

愛知県警ホームページより

日付と名前、住所と印鑑を押して完了です。


③誓約書(管理者用)

次に管理者用の誓約書を記入します。

②とほぼ同じフォーマットです。個人で営業する方は自分が管理者となるので、同じように記載して提出します。

愛知県警ホームページより

③略歴書

④住民票の写し

⑤身分証明書

⑥URLの使用権原疎明資料(HPで古物を販売する場合のみ)

⑦営業所の賃貸借契約書コピー(賃貸の場合のみ)

タイトル


それぞれ見ていきましょう!

1.

まとめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です