速報!行政書士試験 合格発表後にやるべきこと【2020年版】

みなさん、こんにちは!
行政書士見習いのめーこです。

めーこ
めーこ

悩める人
悩める人

合格したけどこのあと何をすべきか…。
手順が知りたいな…

悩める人
悩める人

不合格になったけど、これからどうすべきか…いったいどこから手を付けたらいいんだろう…。
具体的な方法を教えてください。

こういった疑問に答えます!

 本記事のテーマ:行政書士試験 合格発表後にすべきこと【2020年版】

3分くらいで読めます。

2019年度 行政書士試験 合格発表を終えて…

2020年1月29日、2019年度行政書士試験の合格発表が行われました。

本試験を受験された皆様、大変お疲れ様でした。

2019年の行政書士試験合格発表後には、安心されこれからの未来を喜んだ方も方も、落胆した方も、たくさんいると思います。

合格者数の数字だけでは測れない、たくさんのドラマがあったことと感じています。


令和元年度(2019年)行政書士試験合格発表結果

項目全体
申込者数52,386人
受験者数39,821人
受験率76.0%
合格者数4,571人
合格率11.5%
合格点180点
合格者平均得点196点
最年長合格者79歳
最年少合格者12歳

行政書士試験センターの合格発表内容です。

合格率は11.5%と、難化と言われている中でも高い水準となりました。

行政書士試験合格者発表(受験番号)

行政書士試験センターのホームページはこちら。

まだ受験番号を確認していない方は下記のリンクから確認をどうぞ。

令和元年行政書士試験 合格者の声

一方、不合格者の声も

そして不合格になっためーこ社長の声

行政書士試験 合格発表後にすべきことは?

行政書士試験の合格発表後もうかうかしていてはいけません。

合格した人も不合格になった人も、それぞれ今日から始めるべきことが沢山あります。

それぞれ見ていきましょう!

不合格だった方はこちらからどうぞ。

行政書士試験 合格発表後に、合格者がやるべきことは?

めーこ
めーこ

令和元年度行政書士試験に合格されたみなさま、
まずはおめでとうございます!

「行政書士」には、行政書士試験に合格するだけではなれません!

合格後に、行政書士会への登録申請をして初めて行政書士として認めらます。

行政書士試験の合格者がやるべきことは以下の3つです

1.行政書士として登録する
2.自社ホームページを作成する
3.転職サイトに登録する




まずは行政書士会への新規登録の手順についてかんたんに説明します。

登録申請の手順


登録申請の手順は、ざっくり書くと以下の流れになります。



1.都道府県ごとの行政書士会またはホームページから「行政書士登録申請書」 等の用紙を取得

行政書士に登録する第一歩目は、

都道府県ごとの行政書士会またはホームページから「行政書士登録申請書」 等の用紙を取得することから始まります。

日本行政書士会連合会ホームページはこちら。



2.必要事項を記入し、都道府県行政書士会に「行政書士登録申請書」を提出

先ほど取得した申請書に必要事項を記入し、必要書類と一緒に都道府県行政書士会に「行政書士登録申請書」を提出します。

※都道府県ごとの行政書士会によって添付書類は若干異なるようです。ご確認ください。


3.入会金と会費の納付

申請書類提出時に、行政書士会に入会金と会費を納めることが必要 となります。

登録に必要な金額は以下の通りです。

登録諸費用
入会金 20万円ほど
登録手数料 2万5千円ほど
会費 1か月7千円ほど

登録免許税(収入印紙) 金額 3万円

※各行政書士会によって金額は異なります

※詳細な金額は、都道府県ごとの行政書士会のホームページで確認してください


4.行政書士会による審査開始

申請が受理されると、行政書士会による登録審査が開始されます。

一般的に、およそ1カ月~2カ月で審査が完了します。


5.登録・入会完了の通知が郵送される

行政書士としての登録と、行政書士会への入会完了の通知が郵送され、登録完了となります。

同時に、新入会員登録証交付式・研修会の案内も郵送されることもあるそうです。


めーこ
めーこ

詳しい登録方法は、次の記事で解説していきますね!


登録ができたら、次はホームページの作成です!


行政書士事務所ホームページの作成

行政書士事務所でもともと働いていた方、公務員として働いており人脈の広い方は心配ないかと思いますが、

多くの合格者の方はこれから新たに顧客を見つけて行かなければならず、不安に思っている方も多いのでは。


行政書士として事務所を構えるにあたり、ホームページは現代において必須のツールです。

かんたんなホームページで良いので、自社のホームページを作成しておくことをおすすめします!


悩める人
悩める人

そんなこと言っても、
どうやって作ったらいいのだろうか…
パソコンは苦手…

という方におすすめなのは、グーペ でのホームページ作成です!



グーペ なら、事務所の名前と行政書士として活動する分野さえ決まっていれば5分でホームページが完成します!

コードを書いたりすることもなく、
直感的に操作ができるので、スマホやパソコンで文章を作ることができる人なら誰でもホームページが作れちゃいます。

開業までにあまり時間をかけたくない方におすすめです。


もう少し、ドメインやサーバーなどの知識がある方であれば、

ムームードメインでドメイン(http://○○.co.jpのようなアドレスのこと)を取得してからのホームページ作成がオススメです。




ムームードメイン ならロリポップサーバー というサーバーとの相性が良く、
またWordPressでのホームページ作成もかんたんです。

初めてホームページやブログを作成される方であれば、余計な手間のかからないサーバーをお勧めします。


今なら10日間無料でお試しもできるので、使い勝手を試してみても良いと思います。


めーこ
めーこ

行政書士事務所向けのホームページ作成やブログ作成方法については、
別の記事で詳しく解説していきます!

3.転職サイトに登録する

行政書士試験合格者がすべきことの3つめは、転職サイトへの登録です。

めーこ
めーこ

この転職サイトへの登録は、どこかの行政書士事務所で社員として働きたい方が対象です

実は行政書士試験の合格発表後は、求人と供給のバランスが取れず、早め早めに行動しなければ就職がだんだんと困難になる時期でもあります!

給料の良い仕事に着きたい、より福利厚生の良い事務所に就職したい方は早めに就職活動を始めましょう!




まとめ:行政書士試験の合格発表はスタートライン

行政書士試験の合格発表はあくまでもスタートラインでしかありません。

まずは行政書士として早め早めに登録を済ませてから、良いスタートを切りましょう!


残念ながら不合格となってしまった方が、行政書士試験の合格発表後にやるべきことについては、こちらの記事で解説しています。

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です