【知らないと下級国民】国会議員の不逮捕特権【憲法50条】

こんにちは、めーこです!


突然ですがみなさん、国会議員の不逮捕特権を知っていますか?

行政書士や宅建の受験生の方ならなんとなく聞いたことのある内容。

普段からあまり政治に触れていない場合、なかなか見聞きすることのない論点では。


お役人が逮捕されない!?

そんな時代錯誤な法律があるの?!

と思った方、

半分正解です。

国会議員は、ある一定要件では逮捕されなくなるんです。

今回は、そんな憲法で保護されている、国会議員の不逮捕特権について解説していきます。

目次
・国会議員の3つの特権とは?
・憲法第50条(議員の不逮捕特権)の中身は?
・なぜこの憲法があるの?
・例外:逮捕される場合って?


国会議員の3つの特権とは?

先日、こんなニュースを見かけました。


“建て替え中の参院清水谷議員宿舎(東京・紀尾井町)の家賃が月額で10万~15万円台に設定されることが分かった。周囲は高級ホテルなどが立ち並ぶ一等地。50万円前後とされる同水準の民間賃貸マンションの相場と大きく離れており、「議員特権」として議論を呼びそうだ。”


(時事通信社 2019/12/09 04:43 参院新議員宿舎、家賃15万円=都内一等地、民間なら60万円も)



民間なら家賃50万の物件が15万。

家賃補助の手厚い企業でもなかなか無い数字ですね。

このように全国民の代表である国会議員は、法律で手厚く保護されています。



これ以外にも国会議員にはさまざまな特権が与えられていますが、特に日本国憲法で定められている特権は3つあります。

第49条 歳費などを受ける権利
第50条 不逮捕特権
第51条 免責特権

今回は、50条の不逮捕特権について解説していきます。


憲法第50条 議員の不逮捕特権の条文

両議院の議員は、法律の定める場合を除いては、国会の会期中逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならない。

解説

不逮捕特権は憲法で定められている
法の下の平等(14条1項)の例外と言われています。

国会議員は、

・国会の会期中逮捕されない
・会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならない

この第51条でいう「逮捕」は単なる刑事訴訟法上の「逮捕」よりも広く、行政法での行政による行政措置上の身柄の拘束まで含みます。

なぜ議員の不逮捕特権の条文があるの?

では、なぜこのような憲法の条文が存在しているのでしょうか?

それには、

①政府から、議員の身体の自由を保証するため
②議員での審議の遂行可能にするため

の二つの理由が挙げられます。


①政府から、議員の身体の自由を保障するため

政府によって議員の職務執行が妨げられないようにするためが理由の1つです。

なかなか、民主主義の発達した現代では考えられにくいですが、

例えば、

・中世の時代に王家に対立する議員を政治犯として不当に逮捕
・戦時中の日本でも政府の意思と離れた発言に対する弾圧

がありました。

これらの過去の経験を踏まえて、政府から国会議員を守るために、議員の不逮捕特権が定められています。


②議員での審議を遂行可能にするため

二つ目は、議員での審議を遂行可能にするためです。

理由はシンプルで、

例えば議員がすべて逮捕されていなくなってしまうと議院での審議が全くできず、法律を制定する国会の機能が完全にストップしてしまいます

このように、不逮捕特権は全国民の代表である国会議員を行政権から守るために制定されています。

しかしながら、そんな不逮捕特権にも例外が二つ存在しています。


例外:国会議員でも逮捕される場合って?

国会の会期中は、国会議員は逮捕されません。また会期前に逮捕されていたとしても会期中は釈放されなければなりません。

しかし、これではあまりにも不平等ですよね。

そこで、会期中であっても逮捕される場合が2つ制定されています。

①現行犯の場合
②所属する院の承諾がある場合

の二つがあります。


①院外における現行犯の場合

例えば、酔っ払いって路上で人を殴ってその場で現行犯逮捕された場合ですね。

このような場合にも逮捕できなければ、国会議員であれば犯罪し放題になってしまいます!

不当な逮捕とはいえないため、不逮捕特権の例外として国会議員であろうとも現行犯逮捕されます。

②その院の許諾がある場合

(この人なら別にいいか…)

逮捕される議員の所属している院(衆議院または参議院)からの許諾がある場合、逮捕することができます。

例えば、次の会期中に重要なプレゼンテーションを控えている先生なら、衆議院や参議院も必死に止めます。

しかし、言ってしまえば、特に重要でない先生であれば、「まぁいいか」と逮捕を認めたりするイメージです。

このように、逮捕の理由があると院が認めた場合にも逮捕されることがあります。


まとめ


  • 国会議員には
    ①議員の不逮捕特権
    ②免責特権
    ③歳費などを受ける権利
    の3つが認められている

  • 議員の不逮捕特権は憲法第50条に設置され、
    ①国会の会期中逮捕されず、
    ②会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、
    会期中これを釈放しなければならない

  • この憲法の設置理由は、
    ①議員の身体の自由を保証
    ②審議を遂行可能にするため

  • 例外として逮捕される場合は、
    ①現行犯
    ②議員の所属する院の承諾がある場合

2件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です